むくみについて

■リンパ浮腫

リンパ浮腫は、婦人科系がんや乳がんなどの手術でリンパ管・リンパ節を切断したり、 先天的にリンパ管・リンパ節の発育が悪かったりという理由により、手や足にリンパ液が溜まったむくみです。 リンパ液は非常にタンパク質が多く、長期間手足にリンパ液が溜まることにより、 非常に硬い皮膚に変化することがあり発症早期に治療する必要があります。

■静脈性浮腫

静脈は手足の血液を心臓に戻す血管であり、静脈に異常が生じるとむくみがみられます。 その異常は大きく分けて血液が逆流する静脈瘤と静脈が閉塞する深部静脈血栓症の二つがあります。

下肢静脈瘤:

静脈には血液の逆流を減らして心臓に運ぶために 「逆流防止弁」がついています。この弁が妊娠や立ち仕事などの原因で壊れることにより、 静脈内に逆流した血液が貯留してこぶ状になった症状が静脈瘤と呼ばれます。 当然血液が下肢に溜まるため重力に従ってむくみがみられます。

深部静脈血栓症:

静脈が手術や外傷又は原因不明で血栓により 閉塞した症状が深部静脈血栓症と呼ばれます。当然流れるべき静脈内の血液が流れなくなるため、 閉塞した部分から末梢の手足はむくむことになります。

■その他のむくみ

上記にあげたリンパ管や静脈の病気以外にもむくむことはよくあります。
特に高齢者や脳梗塞で歩行困難な患者さんでは、 足を下げて座る時間が多く歩行する時間が少なくなるだけでむくみがみられやすくなります。
地球上には重力があるため、体の中の水分も重力に従って 体の下の方すなわち足にむくみがみられやすくなっています。 とくに筋肉を使わないで座る時間が多くなると、 筋肉運動で静脈内の血液を運搬する「筋肉ポンプ」という働きが弱くなるため、 夕方になるほどむくみが強く、朝には改善しているという状態が見られやすくなっています。

以上にあげたような手足を中心にした局所性のむくみは、 「薬を服用しても改善しなかった」という方が多くみられます。 ではどのように対処すればよいか?
局所性のむくみを改善させるためには、血管の中から水分が漏れ出さないようにすることが必要であり、 そのために使用するのが「弾性ストッキング」です。
むくみの状態にあった「弾性ストッキング」を選んで履くことにより、 むくみの改善がみられるはずです。「弾性ストッキング」を適切に選んで使用するためには、 製品について詳しく知っておくことが必要です。
むくみに悩む皆様に適切な知識を持って頂くために、このHPの情報をご覧ください。

お取引はありますか?