ストッキングの必要性

■弾性ストッキングとは

弾性ストッキングは、普通のストッキングとは違い、足を圧迫するための特殊な編み方でつくられた医療用ストッキングです。下肢静脈の血液還流を促進する働きがあり、静脈瘤やリンパ浮腫の治療の際などに使用されています。

■このような人に弾性ストッキングをお勧めします

「むくみ」で困る方はたくさんいらっしゃいます。ただ一言で「むくみ」と言っても、いろいろな原因があります。膝から下に「むくみ」が強い方は、内科や血管外科などの病院で一度全身的な病気がないかどうか確認してもらってください。全身的な病気があれば、まずその病気の治療を受けてください。
心臓や腎臓などの病気がない方は、弾性ストッキングの着用をお勧めします。
特に、がんの手術などでリンパ液の流れが悪くなってむくんだりリンパ浮腫という病気は、圧迫が必ず必要です。
静脈の病気(静脈瘤や静脈血栓症など)でも弾性ストッキングでの圧迫が有効ですが、静脈瘤は手術治療が根本ですので、重症な静脈瘤なのに弾性ストッキングだけで様子を見ることは避けた方が良いでしょう。▷ CATALOGUE

 

 

お気軽にお問い合わせください。088-683-3456受付時間 9:00-17:30 [ 土・日・祝日除く ]