弾性ストッキングの履き方

(丸編み:下肢)
弾性ストッキングは非常に強い圧迫圧でつくられているため、 普通のストッキングのように簡単に履くことはできません。
ここでは弾性ストッキングの履き方を紹介します。

ストッキングの中に手を入れ、かかと部分を軽くつまみます。
そのままかかとから太もも部分を折り返すように裏返しにします。
裏返したストッキングをつま先からかかとの方へ履いていきます。
かかとまでをしっかりと履きます。
足首部を合わせ、しわや重なりができないようにゆっくりと上の方へと引き上げていきます。
規定の長さまで引き上げれば装着完了です。しわのできやすい部位(足首やひざの裏側など)にしわができていないことを確認してください。

生地の弾性がなくなる、穴が開くなど、元々の圧迫圧が掛からなくなった場合は新品に交換する必要があります。

着用の際に爪や皮膚などで生地の編目を傷つけないように注意してください。

安全にお使いいただくために正確なサイズをお選びいただく必要があります。 ご使用の前に必ず医療機関と相談してください。

お取引はありますか?